www.proshopfishing.com

Carpenter

Carpenter
Carpenter

HammerHead

HammerHead
HammerHead

Native-Works

T.S FACTOR

T.S FACTOR
T.S FACTOR

SEVENSEAS

SEVENSEAS
SEVENSEAS

10/27/2014

Carpenter 2014 BC-GAMMA bc-γ 60-L #1

Carpenter 2014 bc γ60-L #2

NEW γ-L シリーズ

 2011年、茂木さんの青森マグロツアーで、γ60gだけが突出して釣れる状況だったと、釣行後  茂木さんからお話をお聞きしました。  津軽海峡から小泊沖エリアで、遊漁船やプレジャーボートが多数出船して、多くの方がマグロを狙っていて、  色々なルアーが使用される中、γ60gでのキャッチが抜きん出ていたそうです。  ルアーサイズのマッチングなら、BF60gでも釣れそうですが、反応が少なかったそうです。  釣れたルアーアクションは、“ほっとけメソッド” や デッドスローでのアクションだったそうです。  その話を聞いて 『ピン』 と感じるものがありました。  設計上、γ60gに特に存在する “ある動き” が、釣れた要因ではないかと考えました。  別のルアーの話になりますが、2007年位だったと思いますが、魚に見破られないGTルアーを作る為に  考えて作った試作ルアーがありました。  このGTルアーの試作を、トカラやオーストラリアのGBRなどでテストを行いましたが、  狙いの “見破られない” ことの確証を掴めずにいて保留になっていました。  しかし、実験結果からこの試作ルアーには、バランスの部分だけを考えると、γ60gに多く存在している  “ある動き” を強調させる作用があることを掴んでいました。  『茂木さんの青森でのγ60gで良く釣れたお話』 と 『上記のGTの試作ルアーの実験から得た考え』 を  ミックスさせて “ある動き” をやや強調させたルアーがあれば、もっと釣れるルアーになるのではないかと  考えて作ったのが γ60-L 『 KLL/MODEL.003A (2012年、2013年限定販売)』です。

■ 全長 重量 比重 ■

モデル名全長重量比重
γ60-L(エル)180mm約60gフローティング

 全長は後部の金属部分を含めておりません。また、設計上の基本数値を記載しておりますが、
  僅かに誤差はございますのでご了承ください。

  重量も同じく、フックは付けていない重量を基本に、設計上の基本数値を掲載しています。
  僅かに重量誤差はございますのでご了承ください。